トップページ > バイナリーオプションにかかる税金について

バイナリーオプションにかかる税金について

●バイナリーオプションにかかる税金について

得た利益に関しては、株式取引であっても、バイナリーオプションであっても、きちんと確定申告で税金を納めなければなりません。


2012年1月1日から、税制が改正され、これまではこのような取引で出た損益に関しては「雑所得」として確定申告をするように定められていたのですが、バイナリーオプション取引で出た損益については「雑所得の申告分離課税」という扱いに改正されました。2012年以降の取引で損益が出た場合には、注意しましょう。


2011年までに出た損益については、「総合課税」という扱いをとられていましたが、2012年以降に出た損益については、確定申告の際に他の所得とは区別行わなければならなくなりました。

申告分離課税の場合、取引所先物取引、取引所FXなど、別々の取引で出た損益と合算することができます。


税率についても改正が行われ、2011年分までは所得金額が増えれば税率も大きくなるというものでしたが、2012年以降分については、一律になり、20%の税率が課せられるようになりました。さらに、損失繰越を3根年間できるようにもなりました。2011年までは、その年に出た損失に関してはその年の中で処理されていましたが、2012年以降に出た損失に関しては、損失を3年間繰り越して控除されることとなります。


※注意

税金については管轄の税務署や税務署ホームページ、各業者に必ず確認を行ってください。