トップページ > 色々な種類から自分にあったバイナリーオプションを

色々な種類から自分にあったバイナリーオプションを

●色々な種類から自分にあったバイナリーオプションを

バイナリーオプションは、設定されている時刻に、設定されている条件を満たしているか満たしていないかを予想する2択の取引であるという基本的な方法はどの業者でも同じですが、判定方法は業者や商品によってそれぞれ異なり、大きく分けると3種類の取引方法があります。


この3種類の方法の中で、「この方法が勝率が高い!」ということはありません。種類ごとに取引の決まりごとや判定方法が異なるということです。

それぞれの取引の特徴をしっかり理解した上で、自分が始めやすい、やりやすいと思う商品を選ぶとよいでしょう。


それでは、3種類の取引方法を1つずつ説明します。


1つ目は『HIGH/LOW』という取引です。

バイナリーオプションの中で一番標準的な取引方法です。

代表的な商品は、FXトレード・フィナンシャルの『HIGH・LOW』やGMOクリック証券の『外為オプション』などがあります。

取引方法としては、現時点の為替レートと比べて、設定された時点での為替レートが上がるか下がるかを予想するだけというシンプルな取引です。初心者でも2つの選択肢から選択するだけなので、分かりやすく、始めやすい取引と言えます。


2つ目は『ワンタッチ』という取引です。

代表的な商品は、IGマーケッツ証券の「ワンタッチオプション」や、FXプライムの「選べるHIGH・LOWワンタッチ」などがあります。

『ワンタッチ』は『HIGH/LOW』と異なり、終了時刻の段階で、設定レート以上になっているか以下になっているかではなく、取引開始から、終了時刻までの間に、一度でも設定されているレートに達するか達しないかを予想する取引です。一度でも設定レートに達することができれば、勝ちということになります。


3つ目は『レンジ』という取引です。

代表的な商品は、FXプライムの『選べるHIGH・LOW』があります。

『レンジ』は、「境界」や「パウンダリー」とも呼ばれる取引です。取引方法は、設定されている為替レートの範囲内に、取引開始時点から終了時点までの間、範囲内に収まっているか範囲から外れるかを予想する取引です。レートの動きが鈍い時にはyほそうしやすい取引といえます。


HIGH/LOWはたくさんの業者が取り扱っていますが、「ワンタッチ」や「レンジ」は取り扱っていない業者もありますので、HIGH/LOW以外の取引も行いたいと考えている場合は、事前に確認してから口座の開設をしましょう。


どれも2択なので、初心者でも「始めてみようかな?」と思う方は多いと思います。是非、自分にあった業者や取引を見つけてください。